耳はどのような働きをしているのでしょう。

 大きくわけて次のような働きがあります。

音を聴く

言葉の発達、コミュニケーション等に関わる。

 

バランスを司る

  運動能力、姿勢、

  書字、呼吸、リズム

  感等に関わる

 

3脳へのエネルギー充電

   やる気、集中力、

   記憶力等に関わる。

このように耳は私たちの様々な活動を下支えしている器官です。

 

そのため、耳からアプローチするトマティスメソッドは、
聴覚過敏を軽減したり、子ども達の発達を耳からサポートしたり、多岐の分野にわたって適用されるのです。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トマティス聴覚トレーニング

 

トマティス聴覚トレーニングは、「電子耳」とよばれるトマティス博士が開発したオリジナルトレーニング機器と、骨伝導のバイブレーターがついたヘッドホンを用いて行われます。

 

1. 中耳にある鼓膜張筋とあぶみ骨筋に正常な音量調整機能
  を持たせ、骨導の感度を和らげます。

2.内耳前庭機能のバランスを整えて、身体イメージを持た

  せ、身体のバランス感覚を養います。

3.マイクを使って発声します。自分の声を聴くことが、

  自然な発声の導きになります。(プログラムによって行

  わない場合もあります。)

4.「聞こえる耳」から「聴く耳」へシフトし、他人を
  「聴き」、周囲とのコミュニケーションへと導きます。

トマティストレーニングのしくみ
   (日本語字幕がでます)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 トレーニング音材

 

 主にモーツァルト、グレゴリア聖歌を使用します。

  モーツァルトとグレゴリア聖歌を持ちいるのは・・・

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 トレーニング料金(税込み)

・1クール(14日間)   77,000円
 

・3クール後の追加トレーニング1日あたり 2,200円

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トレーニングの流れ

 

初回リスニングチェック・カウンセリング

現在の状況をお聞きし、またトマティスリスニング チェックを行い、その結果で、トレーニングプログラムを作成します。

トレーニング開始

*コースによって異なりますが、基本的に以下のように行います。

 

 

*トレーニングは14日間×3クールを以下のように行います。
①14日間 (1日最大80分)

  ⇩

 約4週間の休止 

  ⇩

②14日間 (1日最大80分)

  ⇩
 約6週間の休止 

  ⇩

③14日間 (1日最大80分)

 

*基本的に1日80分、毎日~週3日

*1クールを14日間とし、基本的に3クールを推奨しています。

 その後は、必要に応じて追加トレーニングを行います。

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トレーニング方法

 

トマティスセンターに通っていただくか、またはトレーニング機器をお貸出し、ご自宅で行っていただくこともできます。

 

 

ご自宅用トレーニング機器  ”Talks Up"

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-19-15 アポセント千駄ヶ谷101
     tel: 03-6240-2033   /     

© 2023 by ABC After School Programs. Proudly created with Wix.com